のどの病気

扁桃炎

◆急性扁桃炎の症状◆

  • のどの痛みがある
  • ものを飲むとき、嚥下痛(痛み)がある
  • 扁桃(咽喉の奥)に白いものが見える
  • 高熱が出る
  • 頸部(首)にリンパ腺の腫れ(しこり)がある

このような症状が続く場合、急性扁桃炎かもしれません。
早めに受診してください。

◆急性扁桃炎とは◆

細菌感染によるものと、ウイルス感染によるものがあり、のどの痛み、発熱、嚥下痛(えんげつう)や耳への放散痛、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲不振があります。とくに小児の場合、経口摂取の不能により脱水症状となって重症化するので注意が必要です。

十分な水分の補給、安静、うがいが大切で、薬物治療としては、細菌に対して抗生物質、発熱や痛みに対して消炎鎮痛薬を5日間程度、さらに口腔内を清潔に保つためにうがい薬が処方されます。
炎症症状が強い場合、脱水状態のある場合は、積極的に抗生剤などの静脈注射、点滴治療が行われます。

ページの上部へ