耳の病気

中耳炎

◆急性中耳炎◆

  • 耳が痛い
  • 耳から汁が出る(耳垂れ)
  • 圧迫痛がある・耳の前の部分を押すと痛い
  • 耳を触らせたがらない
  • 熱が出て、小児科を受診してもなかなか下がらない

幼少児が耳を痛がるときの最も多い原因で、
とくにカゼの後半で起こることが多いです。

好発年齢は乳幼児。機嫌が悪くても気づかれずにいて、原因不明の発熱や耳漏で見つかることもあります。
5〜6才位になれば治りやすいですが、2才以下の場合は、安易に放置すると危険です。

症状:発熱、痛み、耳漏

細菌による化膿性の炎症で、耳が痛いくなるので比較的発見しやすい病気です。

※耳の病気は痛みを伴わないことも多いため、小さな子どもは自分では異常に気づきにくいです。大人が異常に気づいてあげましょう。
 次のような症状に注意してください。

2〜3才 言葉の発育が遅い・怒りっぽく、よく泣く
3〜6才 後ろから呼んでも返事をしない・大きな声でしゃべる・テレビの音を大きくする・言ったことを聞き返す
6才以上 落ち着きがない・協調性がない・積極性がない・内向的である

◆滲出性中耳炎◆

  • 耳が聞こえない・聞こえづらい
  • 自分の声が大きく聞こえる
  • 耳がつまった感じがする
  • 言ったことを聞き返す

別名「静かなる中耳炎」として知られており、痛みや発熱を伴わないため 気づかれにくい病気です。

滲出性中耳炎は、耳の中に水がたまり、耳の聞こえが悪くなる病気です。 耳が痛くないので気づきにくく、発見が遅くなります。

中耳に液が相当溜ってくると聞こえが悪くなり、初めて周囲の人達が病気ではないかと感じます。 好発年齢は5〜6才で鼻が悪いことが背景にあり、治療には長い時間がかかります。

※3〜6歳ぐらいまでのお子さんをおもちのお母さんは特にご注意ください。
 滲出性中耳炎は、この年齢層がピークなので、気づいてあげられるのはお母さんだけです。

※放っておいた場合
滲出性中耳炎の聞こえにくさの程度は軽いのですが、放っておくと 治りにくくなります。さらにこの状態が続くと、日常生活の中で音を通じた学習が少なくなるため、 伸び盛りのお子さんの知的な成長が遅れてしまう恐れもあります。

※痛くない、は要注意!

ここにある症状はほんの一例です。
耳の病気は痛みを伴わないことも多く、異常に気づかず放置して、悪化してしまうことが多いです。

少しでもおかしいなと思ったら早めの受診をしてください!

ページの上部へ